トップページ > 2018年10月26日 道の駅とりっぷ
道の駅とりっぷ

長門市 | センザキッチン

「鉄道に駅があるように、道路に駅があってもいいのでは」
ある会議で山口県からの参加者の提案で生まれた道の駅。今やただの休憩所ではなく、ドライブの目的地になるほど個性豊かな道の駅が多く誕生しています。そんな山口県の道の駅の今をご紹介!
記念すべき第1回は2018年4月20日に長門市にグランドオープンしたセンザキッチンにお邪魔してきました。
センザキッチン外観の写真

センザキッチン外観

センザキッチンロゴマークのスタンプの写真

センザキッチンロゴマークのスタンプ

観光案内所「YUKUTE」の写真

観光案内所「YUKUTE」

センザキッチンはダイニング棟とキッチン棟に分かれています。まずはダイニング棟にある観光案内所「YUKUTE」に行ってみます。
建物に入ってすぐスタンプを発見! つい押したくなってしまい、ポンっと押しちゃいました。青いインクがきれい。
「行く手をつなげる」をコンセプトにした「YUKUTE」では、長門の観光案内はもちろん、センザキッチンのインフォメーションやレンタサイクルの受付、お土産の販売もしています。
農水産物などの販売スペースの写真

農水産物などの販売スペース

マルシェのようなディスプレイの写真

マルシェのようなディスプレイ

「魚串」の写真

筆者的に気になった「魚串」

いざキッチン棟へ! 入ってすぐの販売スペースは、雰囲気がマルシェみたいでオシャレ!
陳列も地元野菜をまとめて置いておくだけではなく、地元で作られたドレッシングや調味料を近くに置くことで、食べ方をご提案。
ノドグロの干物の写真

1番人気のノドグロの干物

長門の伝統野菜「白オクラ」の写真

長門の伝統野菜「白オクラ」

魚の加工品は人気商品で、色々な種類のものが販売されています。その中でもノドグロの干物は海外のお客さんにも人気なんだとか。
野菜コーナーで気になったのが、白オクラ。長門の夏の野菜で、なんとネバネバが通常のオクラの3倍!
ネバネバ好きとして食べてみたい欲求に勝てず、つい買ってしまいました。白オクラの収穫時期は7月から10月中旬頃。家族にも好評だったので、また来年の夏に買いに来ようと思います。
グリルハウスの写真

グリルハウス

網で焼いている野菜や魚介の写真

干物を焼いても美味しそう

販売コーナーの隣にあるグリルハウスでは、購入した魚介類や野菜などを焼いて食べることができます。
家に帰るまで待ちきれない! という方はこちらで。
クジラのカツカレーの写真

「通のくじら祭り」を思い出す、クジラのカツカレー

「仙崎らーめん」の写真

魚介のスープが美味! トッピングのサキイカの天ぷらも良い感じ

海鮮丼の写真

長門の地魚がいっぱい! な海鮮丼

焼き鳥の写真

長門といえば焼き鳥! 焼いてるのを見るのも楽しい

フードコートにはクジラのカツカレー、海鮮丼、焼き鳥など、長門の美味しいものをチョイス! 美味しくいただきました。
おもちゃ美術館外観の写真

おもちゃ美術館外観

おもちゃ美術館内観の写真

おもちゃ美術館内観

キッズクルーズ船「弁天」の写真

キッズクルーズ船「弁天」

センザキッチン敷地内にあるひときわ特徴的な建物。「長門おもちゃ美術館」です。
こちらは、金子みすゞの故郷でもある山口県長門市で美しい海と森林に恵まれた”森と海と人をつなぐ美術館”として設立された体験型ミュージアム。施設内にはさまざまな木のぬくもりたっぷりのおもちゃがあり、その中でも木のたまごプールは0歳から遊ぶことができ、大人気! 木をふんだんに使ったキッズクルーズ船「弁天」は子ども操舵(そうだ)席や子ども専用の制服もあり、楽しい仕掛けがいっぱいです!
センザキッチンの地図
住所長門市仙崎4297-1
TEL0837-27-0300
営業時間9時から18時まで(一部営業時間が異なる店舗があります)
定休日年中無休(臨時休業有り)
アクセス広島方面より
中国自動車道 美祢東JCTから約50分
九州方面より
中国自動車道 美祢西ICから約50分
周辺観光スポット
青海島観光汽船の写真
住所長門市仙崎字漁港南4297-2
TEL0837-26-0834
営業時間8時から17時まで
※12月から2月末までは9時から16時まで
船の出港時刻に関しては、料金・時刻案内をご確認ください。
定休日年中無休
※荒天の場合は、欠航する場合があります。
くじら資料館の写真
住所長門市通671-17
TEL0837-28-0756
営業時間9時から17時まで(最終入館16時30分)
※年末年始の短縮営業あり
定休日毎週火曜日(祝日の場合は開館、翌平日休館)/年末年始