トップページ > 2018年11月22日 どこ行く?山口食べちゃろ
どこ行く?山口食べちゃろ
 

宇部市編|宇部ラーメン&ワタリガニ

山口県の市や町のおいしい話を2つだけ聞いてから、その日の気分でココロが動いた方へ突撃取材しちゃうコーナーです。第2回は宇部市へ行ってきます!

宇部市役所の方に聞きました!!

宇部でおすすめの味、2つ教えてください!!
わかりました!宇部からは「宇部ラーメン」と「ワタリガニ」を紹介します。
宇部ラーメン(1)の写真
ワタリガニ(1)の写真
まず、1つ目の「宇部ラーメン」は豚骨ラーメンが好きな方にはたまらない1品です。私自身、しばらく食べていないと無性に食べたくなるラーメンなんです。豚骨ラーメンの中でも久留米系で「茶濁濃豚骨である」「強い豚骨臭がする」といった定義を掲げています。市内には多くのラーメン店があり、中でもその定義に合ったラーメンを宇部ラーメンと呼んでいます。市民の皆さんが「くさうま宣隊宇部ラーメンジャー」を結成し、ホームページやパンフレットを制作するなど、熱心に活動をされています。ぜひ話を聞いてみてください!!

ということで、「くさうま宣隊宇部ラーメンジャー」さんに、宇部ラーメン愛を聞きました!!

「くさうま」って面白いですね。臭くてうまい!!という意味なんですか?
そうなんですが、くさいっていうと誤解があるかもしれませんね。豚骨の髄までガッツリ煮出した、だからこそのうまみのある匂いなんです。
宇部ラーメン(2)の写真
宇部ラーメン(3)の写真
麺にも特徴がありますか?
はい、独特です!! 博多ラーメンよりちょっと太めで、ホームページでは「中太」としましたが、宇部ラーメンの多くの店の麺を作っている製麺所に聞くと、業界的には「中細」なんだそうです。スープを吸いやすい、ちょっと柔らかめの麺にしてあるんだそうです。
宇部ラーメン(4)の写真
宇部ラーメン(5)の写真
ラーメンの世界って深いんですね!!
山口県のラーメンは、東は醤油(しょうゆ)、西は豚骨に大別され、豚骨の中でもあっさりしたスープに細麺の博多系が多いように思います。でも、宇部では、匂いが強く、濃厚なスープの久留米系の店が多いんです。宇部ラーメンのルーツには諸説ありますが、約60年前、久留米へラーメンの修業に行かれた方が宇部に戻って始めたのがルーツの一つで、やがて宇部で独自に進化していったのでは、と思うんです。独特の匂いで、店それぞれに個性がある宇部ラーメン!! きっとやみつきになりますよ!!
(宇部市役所に戻ってきました)もう1つのワタリガニについて教えてください。
実は宇部はワタリガニの隠れた名産地なんです。その水揚げ量はかつて日本一だったことがあり、今も瀬戸内海に面した市の中で最大級。年間を通して水揚げされ、しかも漁場が近いので活きのいいワタリガニが水揚げされるのが魅力なんです。
ワタリガニ(2)の写真
鍋とカニの写真
宇部のワタリガニは「月待ちがに」とも呼ばれますね。特に旬の時季がありますか?
旬は秋冬、とされています。ワタリガニは春に生まれ、水温が高いときは脱皮しながら成長するので身が詰まっていないときがあるんですが、冬になると身がしっかり詰まってきます。また、ワタリガニのメスは秋冬に卵を抱え、その卵には甲羅の中にしまわれた「内子(うちこ)」と、甲羅の外にはみ出た「外子(そとご)」があります。内子が入ったワタリガニはご存知の通り、とてもおいしいですよね!!
ワタリガニのメスの写真
おいしいです!! 内子もカニミソも大好きです!! 秋冬が旬といわれるのは、そういう理由があったんですね!!
ただし、ワタリガニは冬場、海底の砂の中に隠れてしまうので、一般的には水揚げ量が減ります。でも、宇部では、船で「マンガン」と呼ばれる道具を引いて、砂の中に潜っているカニを漁獲するので、冬でも水揚げがあり、年間を通して提供できるんです。
だから名産地!! なるほど!! 宇部ではどんな料理で楽しめるんですか?
焼きガニなどの和の料理、ワタリガニのフルコース料理で堪能できる店があるほか、イタリアンの創作料理でいただけるお店などもあります。月待ちがにのトマトクリームパスタ、月待ちがにの焼きリゾットなど。めちゃくちゃおいしいですよ!!
月待ちがにのトマトクリームパスタの写真
月待ちがにの焼きリゾットの写真(1)
うーん、これは迷いますねえ。決めました! 今回は、旬ということでワタリガニ、月待ちがにの焼きリゾットを食べに行ってきます!!

さあ、お店に到着です!! お店の方に聞いてみました!!

月待ちがにの焼きリゾット、どんな料理なんですか?
リゾットのまわりにはトマトソース。リゾットは、表面を高温の油でパリッと揚げ焼きし、それを開けると、チーズやカニを用いた濃厚な味のリゾットをお楽しみいただけるようにしています。リゾットの上には緑の野菜。その上に載っているのは、生パスタを揚げたフライドパスタです。
月待ちがにの焼きリゾット(2)の写真
月待ちがにの焼きリゾットとミニのぼりの写真
うわあ、どんな味なんでしょう!! ところで、宇部のワタリガニ料理の特長って?
活きたワタリガニを使えること。活きたワタリガニは、臭みがなく、カニミソがおいしくて、身には甘みがあるんです。当店のリゾットは、濃厚なチーズクリームと、ワタリガニの手・足・内子・カニミソなどを用いた新鮮なカニの風味をお楽しみいただける、外はカリッ、中はトロットロのリゾット。熱いうちにお楽しみください!!
運ばれてきた月待ちがにの焼きリゾットの写真

…というわけで今回は宇部のワタリガニ料理「月待ちがにの焼きリゾット」をいただきました!!

リゾットを分かりやすくいうと、洋風おじや。でも、この料理はオシャレで、ワクワクしました!! 揚げ焼きされたカリっとした部分と、チーズがトロリと溶けたカニの風味がうれしい濃厚なリゾットとトマトソースのハーモニーが絶妙!! さまざまな食感が楽しい、とてもおいしい一品でした!! しかも、手を汚さずにカニを食べられるなんて、ぜいたく(笑)。
実は、この宇部のワタリガニ。昨年、食材の番組で全国放送され、以来、旬の季節は入手が難しくなるほど大人気になったんだそうです。お客様も全国あちこちから。お店によれば、宇部のカニは鮮度が自慢なので、秋冬に限らず楽しんでいただきたいとのことでした。
宇部ラーメンも見逃せません!! お気に入りの味、見つけてください!!