トップページ > 2018年12月28日 どこ行く?山口食べちゃろ
どこ行く?山口食べちゃろ
 

山口市編|湯田温泉の蒸しふく&秋穂の車エビ「あいおえび」

山口県の市や町のおいしい話を2つ聞いてから、その日の気分でココロが動いた方へ突撃取材しちゃうコーナーです。第3回は山口市へ行ってきます!

山口市観光交流課の方に聞きました!!

山口市でおすすめの味、2つ教えてください!!
山口市からは「湯田温泉の蒸しふく」と「秋穂(あいお)の車エビ『あいおえび』」を紹介します。
「湯田温泉の蒸しふく」の写真
秋穂の車エビ料理の写真
まず一つ目のあいおえびについて。秋穂は“車えび養殖発祥の地”で、明治42(1909)年に養殖場が設けられたのが始まりです。
ざるに乗せられた車エビの写真
「えび狩り世界選手権大会」の様子の写真
秋穂といえば、干潟に放たれた車エビを素手で捕まえる、毎年夏の「えび狩り世界選手権大会」が人気ですね!!
はい!! おかげさまで、参加を申し込んでも、なかなか抽選で当たらないほど、大人気のイベントとして定着しています。
車エビに旬の季節ってありますか?
秋穂では養殖しているので、通年いつでも新鮮なおいしさをお楽しみいただけます!!
では、もう一つの「湯田温泉の蒸しふく」ってどんな料理なんですか?
2018年に開催された「山口ゆめ花博」で大人気を博した、山口市湯田温泉の新しい名物料理です。詳しいことは、開発された湯田温泉料飲社交組合さんにぜひ聞いてみてください!!

ということで、湯田温泉料飲社交組合に新名物「蒸しふく」について聞きました!!

山口ゆめ花博で大人気を博した「蒸しふく」。誕生の経緯を教えてください。
以前から、湯田の温泉水を使って湯田温泉の名物になる蒸し料理ができないかな、と思っていたんです。山口ゆめ花博を機に、保健所の許可が下り、会場に設けられた湯田温泉の足湯ブースのそばで提供してみたところ、おかげさまで行列ができるほど大好評をいただいたんです。
山口ゆめ花博で大人気を博した「蒸しふく」の写真
どんな料理なんですか?
せいろに、フグの身や、白菜、キノコ、タマネギといった野菜、ミカンなどを入れ、湯田温泉水で蒸したものです。うどんを入れることもあります。フグの鍋料理は以前からありますが、フグの蒸し料理って、あまりなかったと思うんです。温泉水で蒸すので、温泉の香りが少ししますし、フグの食感は鍋料理よりも、もっとふっくらした感じになり、鍋料理と違ってフグのうまみがだしの中に出てしまわないので、本来のうまみをより楽しめるように思います。お客様からは「おいしい」と言っていただき、山口ゆめ花博終了後も、組合加盟の店舗で提供していくことになりました。今はまだ提供店舗は少ないですが、これからどんどん増えていくと思います!!
うーん、今回も迷いますねえ。新名物も食べてみたいし…。でも、今回はお正月が近いし、ここは奮発して、めでたそうな車エビ料理を食べに行ってきます!!

さあ、秋穂に到着です!! 支配人さんに聞いてみました!!

秋穂だからこその「生きのいい車エビの味を!」というと、やっぱり「おどり食い」ですよね?
そうですね! おどり食いは、独特の強い甘みと弾力のあるプリプリとした口当たりが魅力です。でも、生きたまま、皮をはいで食べていただくので、「ちょっと…」という女性の方もおられるんです。でも、ご安心ください。秋穂ではお刺し身でも、その甘みと弾力は十分にお楽しみいただけますよ。
車エビの刺身の写真
車エビの刺身を箸でつかんだ様子の写真
なるほど!! 他に、どんな車エビ料理がオススメですか?
香ばしい塩焼き、ぜいたく感のあるフライなど。そうしたものをいろいろと楽しめるフルコースはもちろん、お昼のミニ会席でも気軽にお楽しみいただけます!!
笹に乗せられた車エビの写真
車エビのミニ会席の写真

…というわけで今回は秋穂の車エビ料理をいただきました

独特の甘みが口の中に広がる、プリップリッのお刺し身!! 車エビのうまみが塩で引き立つ塩焼き!! 食べ応えたっぷりのサクサクのフライ!! お昼のミニ会席でも華やかでぜいたく感があって、車エビって、こんなにおいしいの?!っていうほど、幸せな気分になっちゃいました。さすが「車えび養殖発祥の地」と納得。それに秋穂ってロケーションがすごくイイ!! 秋穂湾の南にポツンと浮かぶ小さな島は、竹島。海のはるか向こうに、うっすら見えるのは九州。晴れた日には、なんと大分県の由布岳まで見えちゃうんだそうです。取材に訪れた日は天気がコロコロ変わる日で、青い空と青い海から、雨雲に覆われた暗い海へ。海と空のショーも楽しめました。また、冬は空気が澄んでいるので、夕陽がとってもキレイなんだそうですよ。
ところで、実は今回「12月、山口市はクリスマス市になる」のイベントの一環で「蒸しふくを出店で販売します」と聞いて、行ってきました。フグの身は、ホントにふっくら!! 蒸したうどんも、えっ?甘い!? 蒸し卵も買ってみたところ、「あれ? 塩をつけなくても、これ、イケる!!」。そのままパクパク食べちゃいました!! 新名物の湯田温泉の蒸しふくもオススメです!!

おすすめリンク