トップページ >2019年1月25日 行ってみよう! 見てみよう!
行ってみよう! 見てみよう!

イチオシイベント

防府市

冬の幸せますフェスタ2019 第14回 鍋-1グランプリ

さまざまな団体が趣向を凝らしたオリジナル鍋の人気を、来場者の投票で競う「冬の幸せますフェスタ2019 第14回 鍋-1グランプリ」が、2月3日(日曜日)、JR防府駅に近い天神町銀座商店街とルルサス防府で開催されます。
このイベントは、防府天満宮の牛替(うしかえ)神事が行われる時期に合わせて、まちを訪れる人々を温かい鍋でもてなし、まちに賑(にぎ)わいを作り出そうと行われるものです。回を重ねるごとに来場者が増え、昨年は約2万人が訪れ、今では防府の冬の人気イベントとして定着しています。
鍋-1グランプリでの販売の様子の写真
今回、オリジナル鍋を作って参加するのは計12団体。団体部門には山口県内の団体・学校・サークルなど10団体が、新設された飲食店部門には防府市内に店舗を持つ飲食店2団体が参加します。
今年のテーマは、2019年度以降の新たな山口県観光プロモーションのキャッチフレーズ「YAMAGUCHI MAGIC!」にちなんで「MAGIC!」。各団体がそれぞれの地域の食材を活用し、新しい地域の魅力を伝える鍋を作るとともに、鍋の名称の中に「MAGIC!」を入れて、山口県のPRにつながるオリジナル鍋を販売します。来場者はそれらの鍋料理を味わい、気に入ったものに箸を投票。箸の重さでグランプリが決まります。
防府産の白ネギを使用した「ネギうまっ!! 焼鳥鍋」の写真
また、特別参加として、これまでグランプリを3年連続で獲得した防府産のカッテージチーズや野菜などを用いた「ミルク鍋」のほか、兵庫県から駆け付けてくれる「播州ひろめ隊」の鍋も楽しめます。
アイデアいっぱいのあったかいオリジナル鍋との出合いを楽しみに、防府のまちへぜひどうぞ!!
大鍋で調理している様子の写真
鍋の具材を炭火で焼いている様子の写真
開催日 2月3日(日曜日)
場所 天神町銀座商店街、ルルサス防府

ピックアップイベント

光市
冠山総合公園梅まつり
梅の木の写真
冠山総合公園梅まつりの写真

冠山総合公園は100種約2,000本の梅の木がある県内有数の梅の名所です。期間中の土曜日・日曜日には、お茶席が設けられるほか、邦楽演奏や舞踊、特産品販売、フリーマーケットなどが行われます。また、隣接する冠天満宮では、期間中の日曜日に紙芝居を上演。3月3日(日曜日)にはイベント広場周辺でツリークライミングも楽しめます。

開催期間 2月16日(土曜日)から3月10日(日曜日)まで
場所 冠山総合公園
山口市
阿知須のひなもんまつり&ぷち街角ギャラリー
ひな飾りとひなもんの写真
吊り下げられたひなもんの写真

廻船業の港町として栄えた阿知須浦地区には、居蔵(いぐら)造りと呼ばれる白壁の家が残る「いぐら造りの街並み」があります。その歴史ある街並みの商店や民家などに、色とりどりのちりめん・古布を使って作られた「ひなもん」や、和紙人形など、さまざまな手作りアート作品が飾られます。日替わりでぜんざいや甘酒のお接待なども楽しめます。

開催期間 2月7日(木曜日)から11日(月曜日・祝日)まで
場所 山口県央商工会阿知須支店周辺・阿知須商店街・いぐら造りの街並み周辺
下関市
下関ふくの日まつり
ジャンボふく鍋を振る舞っている様子の写真
ふくのつかみ取りの様子の写真

ふく(フグ)の本場下関では、毎年2月9日を「ふくの日」としています。その、ふくの日に近い2月11日に、ふくの取扱量日本一を誇る南風泊市場では、例年「下関ふくの日まつり」を開催。大人気のジャンボふく鍋が先着1,000人に無料で振る舞われるほか、ふく刺しなどの即売や、袋せりによるオークション、ふく刺し等が当たる大抽選会などが行われます。

開催日 2月11日(月曜日・祝日)
場所 南風泊(はえどまり)市場
平生町
般若寺厄除火祭り
護摩木を焚いている様子の写真
火渡りの写真

般若寺は聖徳太子(しょうとくたいし)の父・用明(ようめい)天皇の創建と伝わる古刹(こさつ)。般若姫が船で九州から都の天皇の下へ赴く途中、大畠瀬戸で嵐に遭い、嵐を鎮めようと自ら海に身を投じたため、般若姫の冥福を祈って建てられたといいます。毎年2月15日には、般若寺厄除(やくよけ)火祭りが行われ、野外で護摩木(ごまぎ)などが焚(た)かれた後、残り火の上を歩く「火渡り」に多くの人々が参加し、無病息災を祈ります。

開催日 2月15日(金曜日)
場所 般若(はんにゃ)寺
萩市
萩・椿まつり
笠山椿群生林の写真
椿見どころ案内人によるガイドの様子の写真

昨年、日本ジオパークに認定された「萩ジオパーク」。その見どころの一つが、約1万年前に噴火してできた小さな火山「笠山」で、そこには約2万5千本のヤブツバキが自生する全国有数のツバキの名所「笠山椿群生林」があります。期間中の土曜日・日曜日・祝日には、椿見どころ案内人による無料ガイドや萩の特産品販売、飲食店の出店などを楽しめます。また、3月2日(土曜日)・16日(土曜日)には萩ジオパークについて知ることができる「笠山ジオツアー」が、3月16日(土曜日)には小学生を対象にした参加型ナゾ解きイベント「カサヤマトレジャー」が行われます。

開催期間 2月16日(土曜日)から 3月21日(木曜日・祝日)まで
場所 笠山椿群生林(越ヶ浜)
美祢市
秋吉台山焼き
山焼きが行われている様子の写真
石灰岩と山焼きの写真

日本最大級のカルスト台地「秋吉台」。秋吉台山焼きは、冬枯れの野に火を放つことで、新たな柔らかい草の芽吹きを促す伝統行事です。広大な秋吉台のうち、約1,138ヘクタールの区域に火入れを行い、一日間で実施される野焼きとしては日本最大規模です。火の帯が草原を龍のように動いていく壮大な光景を、展望台付近から見ることができます。

開催日 2月17日(日曜日)
場所 秋吉台