トップページ >2019年3月22日 行ってみよう! 見てみよう!
行ってみよう! 見てみよう!

イチオシイベント

岩国市

岩国行波の神舞

錦川の西岸に位置する岩国市行波地区では、長い歴史を持ち、国の重要無形民俗文化財に指定されている民俗芸能「岩国行波の神舞(かんまい)」が受け継がれ、毎年秋には全12座の舞(演目)の一部を荒玉社に奉納しています。また、7年に一度(※1)、全ての舞を奉納する式年祭(※2)が行われ、今年はその年に当たることから、4月6日(土曜日)に3座の舞を奉納する前夜祭が、7日(日曜日)に全12座の舞を奉納する本祭が開催されます。
荒霊武鎮の写真
この神舞は、かつて神社の神職たちを中心に舞われていたもので、明治時代に地元の人たちが習得。その後も舞い方を改めることなく、華美にもせず、伝統を大切に守りながら受け継がれています。
7年に一度の式年祭の神舞は、錦川清流線行波駅近くの錦川の河川敷に、松の柱で約7.2メートル四方の「神殿(かんどん)」と呼ばれる舞台を建てて行われます。全12座の舞は約15時間をかけて奉納され、中でも圧巻は、「八関(はっせき)の舞」の「松登り」です。白鉢巻きを頭に結び、白装束を身にまとった「荒神」が、神殿の近くに立てられた高さ約25メートルの「登り松」に登り、その松の頂上部と地上をつなぐ大縄に足を掛け、逆さになって降りてくるという命懸けの神事です。荒神が投げ落とした松葉を拾った人は、その年の無病息災が約束されるともいわれています。
松登りの写真
行波駅のすぐそばには「岩国行波の神舞 伝承館」があり、普段はそこで神舞の練習が行われ、先輩たちが子どもたちを教え導き、次代に伝承しています。神舞の写真などの展示も行われていて、地域が誇る神舞の魅力を、広く伝える交流の場ともなっています。
時を越え、世代を越え、人々の絆を結びながら大切に受け継がれてきた神舞。この貴重な機会に、あなたも立ち会ってみませんか。
八関の舞の写真
大神の写真
  1. 開催年を1年目と数えて7年目に当たる年が次回の開催年。本文※1へ戻る
  2. 定めの年に執り行われる祭祀(さいし)。本文※2へ戻る
開催日 4月6日(土曜日)・7日(日曜日)
場所 行波(ゆかば)河川敷

ピックアップイベント

田布施町
たぶせ桜まつり
桜まつりの写真
さくら橋と田布施川桜の写真

田布施町役場近くの田布施川の土手は300本を超える桜の名所で、開花期には多くの人が花見に訪れます。たぶせ桜まつりでは会場内に飲食の売店が出るほか、ビンゴになるとお菓子がもらえるスタンプラリーや、アクション・アクロバットパフォーマンス、消防・自衛隊・警察車両などの展示、おもちゃの工作、お笑いライブ、フリーマーケットなどを楽しめます。また、開会式や閉会式では餅まきが行われます。

開催日 3月31日(日曜日)
場所 田布施ふるさと詩情公園
山口市
湯田温泉白狐まつり
白狐の嫁入り松明行列の写真
総踊りの写真

白狐(びゃっこ)が見つけたという伝承を持つ温泉に感謝する祭りです。白狐に変身する「白狐になろう」をはじめ、6日(土曜日)には白狐の嫁入り松明(たいまつ)行列、7日(日曜日)にはぐるめ街道トラック屋台や、唐揚(からあ)げ自慢のお店が集結する「唐揚げキングダム&湯の街ワイン通り」、「昭和の旧車モーターショウ」などを楽しめます。また、旅館などの内湯を、まつり協賛金100円で入浴できるのも魅力(指定時間内)。フィナーレでは総踊りが行われ、「U.S.A.」などでにぎやかに締めくくられます。

開催日 4月6日(土曜日)・7日(日曜日)
場所 湯田温泉(井上公園、狐の足あと周辺)
長門市
湯本温泉まつり
湯本温泉まつりの写真
大寧寺桜の写真

江戸時代、藩主も入浴に訪れていた歴史ある長門湯本温泉。温泉に感謝し、子どもたちがみこしを担いで温泉街を練り歩きます。会場では、おもちゃ釣りやスーパーボールすくい等を楽しめる子どもコーナーが設けられるほか、ライブや餅まき、湯本小唄・湯本温泉音頭の総踊りなどが行われます。また、温泉街からほど近い地にある桜の名所で、戦国大名大内義隆(おおうち よしたか)自刃の地としても有名な古刹(こさつ)「大寧寺(たいねいじ)」では、開花時期に合わせて桜のライトアップが行われます。

開催日 4月7日(日曜日)
場所 音信川(おとずれがわ)河川公園など
下関市
維新・海峡ウォーク
維新・海峡ウォークの参加者の写真
維新・海峡ウォークの参加者と桜の写真

下関市内にある明治維新ゆかりの地などを歩くイベントです(要申し込み。インターネットでの申し込みは4月8日(月曜日)12時まで)。維新の志士・高杉晋作(たかすぎ しんさく)などの墓所がある東行庵から出発する通常コースと、城下町長府にある下関市立美術館から出発するショートコースがあります。各コースともゴール地点は、シーモール下関か門司港のどちらかを選択できます。仮装での参加もOKです。

開催日 4月14日(日曜日)
場所 通常コース(東行庵(とうぎょうあん)出発)、ショートコース(下関市立美術館出発)
周南市
第31回 高瀬の旬をクイーン祭
高瀬の旬をクイーン祭の様子の写真
子ども釣り大会の写真

高瀬峡などを擁する自然豊かな周南市和田地区。その春の恵みなどを、子どもから大人までみんなで満喫できるイベントです。タケノコ掘り(一家族3本まで)をはじめ、葉わさびのしょうゆ漬け体験や、地域を流れる高瀬川での子ども釣り大会(中学生以下対象)、魚のつかみどり(小学生以下対象)、餅まきなどを楽しめます。

開催日 4月14日(日曜日)
場所 高瀬サン・スポーツランド周辺
萩市
萩八景遊覧船
萩八景遊覧船の写真
桜観賞コースの写真

萩八景遊覧船は三角州に造られた城下町萩の魅力を船上から知ることができる遊覧船です。萩城跡の横にある指月橋を出発。堀内重要伝統的建造物群保存地区や、平安古(ひやこ)重要伝統的建造物群保存地区の武家屋敷群などを船上から眺めます。また、桜の開花時期には、桜観賞コースの特別運航が行われ、橋本川土手の桜並木なども楽しめます。

開催期間 11月30日(土曜日)まで
場所 指月橋(しづきばし)出発