トップページ > 2019年3月22日 道の駅とりっぷ
道の駅とりっぷ

下関市 | 北浦街道豊北

「鉄道に駅があるように、道路に駅があってもいいのでは」
ある会議で山口県からの参加者の提案で生まれた道の駅。今やただの休憩所ではなく、ドライブの目的地になるほど個性豊かな道の駅が多く誕生しています。そんな山口県の道の駅の今をご紹介!
今回は北浦街道豊北にお邪魔してきました。
北浦街道豊北外観の写真

北浦街道豊北外観

観光案内・情報コーナーの写真

観光案内・情報コーナー

北浦街道豊北のスタンプの写真

北浦街道豊北のスタンプ

取材日は朝から雨だったんですが、豊北町に着いたらやみました。雨はやんだけど空は曇ったまま…外観を撮影した時に奇跡的な青空になったので「今日は良いことありそう!」というすがすがしい気持ちで取材開始!
まずは情報コーナーへ。スタンプを発見! 北浦街道豊北のキャラクター、ほっくんが入ったかわいいスタンプです。
2色準備されていたのでどちらも押してみました。
販売コーナーの写真

販売コーナー

ほっくんコーナーの写真

ほっくんコーナー

ほっくんのタオルやぬいぐるみの写真

タオルやぬいぐるみもかわいい!

キューブくりーむぱんの写真

人気のキューブくりーむぱんにもほっくんが!

塩クロワッサンの写真

道の駅の中のパン屋さんで一番人気の塩クロワッサン

焼きカレーパンの写真

北浦産剣先イカのゲソ入り! 焼きカレーパン

カラフルなアイスの写真

パン屋さんでこんなにカラフルなアイスも売ってます

販売コーナーに入るとすぐに目についたのがほっくんコーナー。お土産物のお菓子だけでなく、キーホルダーやTシャツ、マフラータオルなどもあります。そして施設内にパン屋さんが! ここでもほっくんを発見。四角いクリームパンに焼印で押されていました。一番人気という塩クロワッサン、お土産に買おうと思ってたんですが帰るころには売り切れてました…他にもカレーパンの中から剣先イカのゲソが出ている焼きカレーパンも人気だそうです。コーヒーやアイスも販売されており、アイスはカラフルな丸い玉がかわいい!
鮮魚コーナーの魚が元気に泳ぐ水槽の写真

鮮魚コーナーには魚が元気に泳ぐ水槽があります

北浦産の魚の写真

北浦産の魚がずらり!

地魚の新鮮なお寿司(すし)の写真

その日に仕入れた地魚の新鮮なお寿司(すし)!

剣先イカの加工品の写真

豊北と言えば剣先イカ。一夜干しや加工品もあります

海鮮いなり寿司の写真

海鮮いなり寿司

北浦シラスいなり寿司の写真

北浦シラスいなり寿司

販売コーナーの奥には、鮮魚コーナーが。北浦産の魚が並んでいます。その日仕入れた魚のお寿司や丼もの、剣先イカで作った魚醤(ぎょしょう)や一夜干し、塩辛なども販売しています。
土日祝のみ限定販売の「海鮮いなり寿司」と「北浦シラスいなり寿司」も大人気! 一口では食べられそうにないくらい具が入っています。
豊北町で作られた旬の野菜の写真

豊北町で作られた旬の野菜をポップでご紹介!

色ごとに分けられた野菜や果物の写真

野菜や果物が色ごとに分けられています

2黄玉の写真

2黄玉は通常L玉より一回り大きいです

角島を眺めながら休憩できるスペースの写真

角島を眺めながら休憩できます

展望テラスから見える角島大橋の写真

展望テラスから見える角島大橋(晴れていればもっとよく見えます!)

展望テラスのほっくんパネルの写真

展望テラスのほっくんパネル(晴れていればほっくんがもっと映えます!)

豊北町産の野菜や果物のほか、とても珍しい2黄玉も販売。卵黄が2つ入っている卵で、1万個に4,5個の割合で取れるそうです。希少! 入荷した日の午前中には売り切れてしまうほどの人気商品です。
休憩スペースもあるので、買ったパンやお寿司をここで食べることもできます。展望テラスに出ると角島大橋が肉眼で見えますよ! ほっくんのパネルとの記念写真も撮れちゃいます。
屋外の海鮮屋台などの写真

屋外にも海鮮屋台などがあります

北浦産サザエの天ぷらの写真

北浦産サザエの天ぷら。衣には粟野川の青のりを使用

おまかせ海鮮丼の写真

おまかせ海鮮丼はその日取れた魚によって具が替わります

わくわく定食の写真

わくわく定食は天ぷらも刺身も入った良いとこ取り!

ざる豆腐の写真

定食にも付いているざる豆腐は、地元のお豆腐屋さんから仕入れています

レストランの写真

レストランには車椅子の方へ配慮したテーブルも用意されています

屋外にもお店が。こちらでは手軽に食べられるソフトクリームや剣先イカのイカ焼き、サザエの天ぷらなどを販売しています。
がっつりご飯を食べたい方にはレストランのおまかせ海鮮丼がオススメ! まずは見た目が! 宝石箱! そして刺身を取っても取ってもご飯が見えません。ワサビを溶かしたタレをかけると、魚がつやつやと光って食欲がそそられます! 新鮮で肉厚な魚とご飯とタレを口に入れるもう幸せ…最後はイクラとウニをご飯と混ぜて一気にかき込んでしまいました。ぜいたく!
わくわく定食は刺身とゲソ天のコンビ! まさしくおいしいとこ取り! 天ぷらのゲソはふっくらしているのにプリッとした食感がたまらない! そして定食に付いてきたざる豆腐も味が濃いです。各テーブルに2種類の醤油(しょうゆ)が置いてあるので、まずは何も付けずにそのままで一口、2種類の醤油をそれぞれかけて一口ずつ、その後はお好みの食べ方で。一度で3つの味が楽しめます! このざる豆腐は販売コーナーにも置いてあるので、お土産にも。
北浦街道豊北の地図
住所下関市豊北町大字神田上314番地1
TEL083-786-0111
営業時間8時30分から18時まで
※季節により営業時間に変更あり
定休日毎月第1・第3火曜日
※季節により臨時営業日・臨時休業日あり
※お盆、年末年始の営業時間変更についてはホームページで随時お知らせ   
アクセスJR長門二見駅よりバスで約20分、「和久」下車徒歩約4分
防府東ICより車で20分
中国自動車道美祢ICから車で約60分
周辺観光スポット
角島灯台の写真
角島灯台
住所下関市豊北町角島2343-2    
TEL083-786-0108 (角島灯台事務所)


イギリスの技師により建てられたもので、石造り(総御影石)の灯台としては日本でも最も美しいとされています。灯台内部の105段のらせん階段を上ると、360度のパノラマが広がります。灯台付近では、夏はハマユウ、冬はスイセンが楽しめます。

牧崎風の公園の写真
牧崎風の公園
住所下関市豊北町角島
TEL083-786-0234 (豊北町観光協会)


遊歩道や四阿(あずまや)が整備され、日本海を一望できる公園です。ダルマギクの群生地として有名で、秋には日本海を背景にかわいらしい花が咲き誇ります。公園の近くには牧場があり、牛が放牧されています。