トップページ > 2019年9月27日 道の駅とりっぷ
道の駅とりっぷ

萩市|あさひ

「鉄道に駅があるように、道路に駅があってもいいのでは」
ある会議で山口県からの参加者の提案で生まれた道の駅。今やただの休憩所ではなく、ドライブの目的地になるほど個性豊かな道の駅が多く誕生しています。そんな山口県の道の駅の今をご紹介!
今回は「あさひ」にお邪魔してきました。
あさひ外観の写真

あさひ外観

佐々並川の写真

佐々並川。赤褐色の石州瓦の屋根が特徴的に立ち並ぶ佐々並市が垣間見えます

あさひのモニュメントの写真

印象的なモニュメントが目印

休憩スペースの写真

休憩スペース

休憩スペースから続く公園のような場所の写真

休憩スペースから公園のような場所に続きます

あさひのスタンプの写真

平成6(1994)年の道の駅認定時から使われるあさひのスタンプ。旭村の表記が残っています

山口県道の駅スタンプラリー2019の台紙の写真

山口県道の駅スタンプラリー2019のスタンプ

萩市佐々並(ささなみ)は、史跡・萩往還の宿場町で、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定された佐々並市(ささなみいち)がある旧阿武(あぶ)郡旭村(あさひそん)の地域です。また、標高が高く寒暖差の大きい地域で、清流で育ったおいしいお米「佐々並の特選米」でも知られています。道の駅あさひは、そんな歴史の面影を伝える町並みと、阿武川水系の佐々並川などの豊かな自然が調和した地区にあります。
アーチ状の屋根を持つ本館。建物正面に向かって左側は日本家屋を思わせる屋根のトイレ、右側は休憩スペース、さらに右奥はちょっとした公園になっており、のんびりくつろぐことができます。
物産販売コーナーの写真

物産販売コーナー

野菜コーナーの写真

野菜コーナー。安心安全の地元産です

ゴーヤ、ニラなどの写真

緑色が目に鮮やかなゴーヤ、ニラなど

佐々並で収穫されたフルーツの写真

佐々並で収穫されたフルーツ

色とりどりのコンニャクの写真

色とりどりのコンニャク。ユズやノリなどを練りこんだユニークなものが並びます

梅干しとラッキョウの写真

梅干しとラッキョウ。手作りの懐かしい味が人気です

手作りのお弁当の写真

手作りのお弁当。お出掛けしたくなりますね!

餅製品の写真

餅製品が多いのも特徴。大きくて安い!

かき餅の写真

かき餅。熱いお茶が欲しくなりますね!

シフォンケーキの写真

シフォンケーキ。スイーツも充実しています

ラスクの写真

大人気のラスクは味のバリエーションも豊富

本館に入ると、物産販売コーナーが広がります。多彩な商品の数々を眺めていると、値札に生産者、加工者の個人名が書かれたものがとても多いことに気付きます。新鮮な野菜はもちろん、弁当、餅、漬物など、地元の方が持ち寄った商品でいっぱいの、「佐々並マルシェ」とでも名付けたい売り場です。「〇〇さんの漬物はありますか」といった問い合わせもあるのだとか。
地酒コーナーの写真

地酒コーナー

明木しょうゆの写真

明木しょうゆ。うま味と甘みに特徴があります

木工品コーナーの写真

木工品コーナー

数々の雑貨の写真

雑貨の数々

佐々並だけでなく、明木(あきらぎ)、川上といった近隣の地区をはじめ、萩市の特産品も扱っています。また、木工製品、陶器、雑貨などもあり、「生活に必要なものが大体そろってしまうのでは?」という気さえしてきます。
レストラン内観の写真

レストラン内観

たくさんの地元産品を見ていたら、おなかが空いてきました。向かうはレストラン。窓が広く、景色もよく見える店内は明るい雰囲気で清潔感があります。ここでも、お米、野菜、しょうゆなど地元産の食材をふんだんに使用しているとのこと。さっそく人気メニューをいただきました。
さざなみ定食の写真

さざなみ定食

むつみ豚カツカレーの写真

むつみ豚カツカレー

日替わりメニューの「さざなみ定食」。この日は白身魚のフライでしたが、こちらも萩市で水揚げされた新鮮なもの。新鮮で身離れがよく、とろけるような食感です。みそ汁や豆腐などは、懐かしいふるさとの味! 佐々並自慢のご飯はおかわり自由で、満足すること間違いなし。もう一品はむつみ豚カツカレーです。萩の名物であるむつみ豚のとんかつは、ルーがたっぷりかかっていても衣はサクサク、そして豚肉は、脂っこくないのに柔らかで、スジっぽさもない上品な味わい。くつろぎの空間で地元の食材のおいしさをたっぷり味わえる時間でした。

たくさんの地元産品を取り上げましたが、ご紹介しきれないものがまだまだたくさんあるのです!
自然の恵みをたっぷり受けた新鮮な食材、懐かしい味の手作りの加工品など、いいものいっぱいの道の駅あさひ、ぜひ、その目で確かめてください!

YAMAGUCHI MAGIC! 夏の体験キャンペーン
山口県道の駅スタンプラリー2019 ~高速道路SAタイアップ企画~

山口県内の道の駅や高速道路サービスエリアをめぐり、スタンプを集めて特産品や商品引換券を当てよう!

開催期間:令和元(2019)年10月31日(木曜日)まで

開催場所:県内の道の駅全24駅、高速道路サービスエリア4カ所

主催:山口県道の駅交流会

共催:(一社)山口県観光連盟・NEXCO西日本サービスホールディングス(株)


山口県道の駅スタンプラリー2019の台紙(表)の画像
山口県道の駅スタンプラリー2019の台紙(裏)の画像

あさひの地図
住所萩市大字佐々並2476-1
TEL0838-56-0278
営業時間3月から10月まで:9時から18時まで(日曜日8時から18時まで、月曜日9時から17時まで)
11月から2月まで:9時から17時30分まで(日曜日8時から17時30分まで、月曜日9時から17時まで)
レストラン:11時から15時まで(オーダーストップ14時30分)
定休日12月31日から1月3日まで
レストラン:毎週月曜日(祝日の場合は営業)、12月31日から1月3日まで
アクセス中国自動車道小郡ICから約45分
周辺観光スポット
佐々並市地区の写真
住所萩市佐々並
TEL0838-55-0211(萩市旭総合事務所)


佐々並市は、萩市の南部を占める旧旭村の南縁に位置する農村集落で、かつての萩城下町と三田尻(みたじり・防府市)を結ぶ萩往還の中間点に位置することから、参勤交替の際などに藩主が休息する御茶屋を中心とした、宿場町として栄えました。
佐々並市の町並みは、江戸初期に農業を基盤としつつ、萩往還の整備に伴って宿駅機能を備えた町並みとして成立し、近年に至るまで町並みの地割に大きな変化はなく、かつこの町並みの特徴を示す建築物や工作物、環境物件が現在まで数多く残っています。
平成23(2011)年に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

萩アクティビティパークの写真
住所萩市大字佐々並463-1    
TEL0838-56-0390


オープンサイト、コテージ、バンガローなど全80棟からなるオートキャンプ場のキャンプサイト、大人から子どもまで楽しめるカートレース場のナチュラサーキット、ラジコン専用本格的オンロードサーキットの龍門サーキットを完備したアミューズメント複合施設です。萩の豊かな大自然に囲まれたゆったりとした空間を楽しめます。