トップページ >2020年5月22日 行ってみよう! 見てみよう!
行ってみよう! 見てみよう!

イチオシ

柳井市

やまぐちフラワーランド

花と緑に親しめる場を提供するとともに、花の楽しみ方や花のある生活に関する情報を発信していこうと、柳井市に設けられている「やまぐちフラワーランド」。四季折々の美しい花に彩られた園内は、大人から子どもまで個人やファミリーを問わず、人気があります。
広々とした園内には、以前からあった棚田や山林などを生かしながら、ハーブの丘や、コレクション花壇、フラワーガーデン、自由広場、ボーダーガーデン、ロックガーデン、欧風庭園、ジョイフルガーデン、ローズガーデンなど、趣向を凝らし、それぞれにデザインされたさまざまな花壇がつくられています。
ジギタリスの写真
5月から6月初めごろまでは、バラを楽しめる季節です。ローズガーデンなどには約300品種の色とりどりのバラが咲き誇り、見る人を魅了してくれます。また、ハーブの丘には、ミントやセージ、ラベンダーなど約70種類のハーブがあり、それぞれに異なる香りを楽しめます。
ケイトウの写真
さらにこれから見頃を迎えるのは、スラリと伸びた花茎にベルのような花を穂状に付けたジギタリスや、やはり長い花茎に涼やかな花を幾つも咲かせるデルフィニウム。そして炎のような、あるいは鶏のトサカのような形でおなじみのケイトウも見頃を迎えます。ケイトウの品種は草丈の長い「センチュリー」と、コンパクトな大きさの「きもの」。赤・黄・オレンジなど燃え立つような鮮やかな色が、見る人の心を明るくしてくれます。
時期によって異なる花の見頃は、やまぐちフラワーランドの公式ウエブサイトで毎月2回更新される「見どころマップ」で知ることができます。
風の音や、小鳥のさえずり、ときにはカエルの声なども聞こえてくる、やまぐちフラワーランド。自然が奏でる音楽にも耳を傾け、まぶしい新緑にも目を向けながら、それぞれの花が咲き競う美しい花園を散歩して、心をリフレッシュしてみませんか。
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、5月24日(日曜日)まで休業しています。
赤色のバラの写真
黄色や白色、ピンク色のバラの写真
和木町

蜂ヶ峯総合公園

蜂ヶ峯総合公園のバラ園の写真
蜂ヶ峯総合公園の恐竜の写真

豊かな自然の中にある広大な公園です。全長255メートルのローラー滑り台、瀬戸内海を一望できる観覧車、恐竜の森、743メートルの長距離を走るミニSL、テニスコートなどがあります。180種4,000株のバラが咲き誇る山口県最大級の「バラ園」もあり、見頃は6月上旬ごろまでです。
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、5月24日(日曜日)まで公園有料施設は利用を中止しています。

山口市
重源の郷
重源の郷のアジサイの写真
重源の郷の写真

「重源の郷(ちょうげんのさと)」は、源平の争乱で焼失した奈良の東大寺を再建した僧・重源が、そのための用材を切り出した徳地(とくぢ)地域にあります。重源の郷には、かやぶき屋根の民家や水車など、昭和初期の農村風景が再現され、ノスタルジックな風景の中で、6月初旬から下旬ごろまで約5,000株のアジサイを楽しむことができます。

光市
光あじさい苑
光あじさい苑のアジサイの写真
光あじさい苑の写真

光スポーツ公園内にある光あじさい苑には、ガクアジサイやローレライ、ベニガクなど、30品種約15,000株のアジサイが植栽されています。6月上旬から下旬にかけて見頃を迎え、色とりどりの美しい花を楽しめます。

宇部市
ときわ公園
ときわ公園のシロテテナガザルの写真
ときわ公園のハナショウブの写真

面積189ヘクタールにおよぶ緑と花と彫刻に彩られた総合公園。シロテテナガザルやワオキツネザルなどの動物が本来の行動を発揮できるよう“生息環境展示”を行っている「ときわ動物園」や、ときわミュージアム「世界を旅する植物館」「ときわ遊園地」「石炭記念館」などがあります。園内には花の見どころも多く、5月下旬から6月下旬にかけては「しょうぶ苑」で約150種類8万本のハナショウブを楽しめます。
※石炭記念館は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、閉館しています。開館時期については、決まり次第、ときわ公園のホームページ等でお知らせします。

長門市
長門湯本温泉周辺のホタル
蛍の写真
長門湯本温泉の写真

立ち寄り湯「恩湯(おんとう)」のリニューアルオープンや、飲食棟「恩湯食」のオープン、新たな温泉旅館の開業などで今話題の長門湯本温泉。その温泉郷を流れる音信川(おとずれがわ)は「木屋川(こやがわ)・音信川ゲンジボタル発生地」として国の天然記念物に指定されています。音信川河川公園の下流周辺や、渋木地区などでホタルに出会えるほか、蛍バスを運行してホタル発生地に案内するプランを用意している温泉旅館もあります。

場所 音信川河川公園の下流周辺、渋木地区
萩市
木間しょうぶ園
木間しょうぶ園のハナショウブの写真
木間しょうぶ園の写真

木間(こま)しょうぶ園は、萩市の中山間地域、木間にあるしょうぶ園で、木間地域活性センターの裏側にあります。休耕田に約20種600株の色とりどりのハナショウブが植栽されており、のどかな田園風景の中、6月中旬から下旬にかけて見事な花を咲かせます。
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、例年行っている同行案内は見合わせることとなりました。

おすすめリンク 萩の花旅