トップページ > 2020年7月22日 食レポ!!やまぐち
食レポ!!やまぐち

周南市鹿野地区編 長野山緑地公園 長野山ロッジ 天空カフェ

山口県の各地域の新しい食、気になる食をレポート!! 第2回は周南市鹿野地区編です。周南市鹿野地区にある標高1,015メートルの高山、長野山。山頂付近の公園には宿泊施設やキャンプ場などがあります。平成29(2017)年に、公園内の食堂が「天空カフェ」としてリニューアルオープンし、以来、口コミなどでグングン人気が高まっています。胃袋の準備もOK! さぁ、天空カフェへ行ってきます!!
取材をするきらりんのイラスト
天空カフェの写真

鹿野総合支所から車で約30分!! 途中、狭い道も。気を付けてね

天空カフェのウッドデッキの写真

ここが天空カフェ。ウッドデッキと赤いパラソルがオシャレ!!

天空カフェ。ウッドデッキがとってもオシャレですね!!
テーブルの横のミズナラの木の写真

テーブルの横でミズナラの木がスクスク成長しています

天空カフェの隣にある研修棟の写真

天空カフェの隣にある研修棟

ありがとうございます!! 私たち(長野山生活改善実行グループ)は以前からここの食堂を運営していたんですが、「ここは空気がおいしいし、景色を見ながらお茶を飲めたり、食事ができるといいね」と、地域の男性たちが、食堂の外にウッドデッキを手づくりしてくれて。それを機に「天空カフェ」としてリニューアルオープンしたんです。
確かに今、ウッドデッキにいて、空気もおいしいし、とっても心地いいです!!

夏でも気温は30度を超えることがないぐらい、とても涼しいんですよ。
天空カフェの一番のおススメは「長野山ランチ」だそうですね。どんなものなのか教えてください。
長野山ランチの写真

これが人気の長野山ランチ!!

鹿野ならではの食材をたっぷり使用した長野山ランチの写真

鹿野ならではの食材をたっぷり使用

地元の食材をふんだんに使ったランチです。お肉は鹿野高原豚(かのこうげんとん)を使っていて、野菜も地元産。とれたての野菜を和え物や酢の物、サラダに。トマトやワサビは麓のビニールハウスで栽培していて、シイタケは長野山で栽培しています。コンニャクもお刺身などにして、長野山ランチに必ず入れています。コンニャクは毎朝、コンニャク芋をすることから始めて…。
えっ、コンニャク芋をするところから!? 手間をかけて作っておられるんですね。他にもおススメのものは?
かしわ餅付きのコーヒーです。コーヒーはオリジナルブレンド。天空カフェとしてリニューアルオープンするに当たって、市内のコーヒー屋さんに長野山ブレンドを作ってもらい、私たちみんなでコーヒーの入れ方も教わりに行ったんです。かしわ餅も私たちの手作りで、人気があるんですよ!! そのあんこも小豆から作っています。甘さは控えめ。かしわ餅の餅は、柔らかさが長持ちするよう、餅米にうるち米を加えて作っています。餅に使うヨモギの葉も、お餅を包む葉も自分たちで摘んでいるんですよ。でも、かしわ餅といいながらカシワの葉じゃないんだけど…(笑)。
長野山ブレンドとかしわ餅の写真

長野山ブレンドに添えるのは、ケーキでなくかしわ餅。いいね!!

サルトリイバラの葉で包んだかしわ餅の写真

かしわ餅はサルトリイバラのヨモギ餅。ハハハ、ややこしい…

サルトリイバラですね!! なぜか県内ではサルトリイバラを使うことが多いみたいですね。私も子どものころ、山でサルトリイバラを摘み、祖母がかしわ餅を作ってくれたことがあります。懐かしい…。では、おススメの長野山ランチとかしわ餅付きコーヒー、よろしくお願いします!!
(長野山ランチ、到着)お待たせしました。長野山ランチです。どうぞ!!
おいしそうな長野山ランチの写真

おいしそう!! 長野山ランチ

長野山ランチの中のコンニャクのお刺身の写真

なんと、朝作ったばかりのコンニャク!! フワフワで溶けちゃいそう…

うわあ、すごい。彩りがキレイ! では、いただきます!! まずは、コンニャクのお刺身をユズみそに付けていただきます。…わっ、柔らかい!! 市販のものとは全く異なる食感、弾力です。煮物のコンニャクの方は、もっと溶けちゃいそうな柔らかさ。煮物の優しい味付けも染みていて、うーん、イイ!! しょうが焼きの豚肉は厚みがあるのに柔らかくて、おいしいっ。天ぷらはキレイに揚がっていて、パリッパリ。そして、ワサビのしょうゆ漬け。鹿野といえば水がきれいで、ワサビ栽培が有名。ツンとした辛さのあとに、ワサビの甘みがフワーッと口の中に広がって…。気付けば風も心地よいし、ああ、いい気分。思わず顔がほころぶ、天空カフェの長野山ランチ。これは本当に最高です!!

【取材を終えて…】

伺ったのは梅雨の合間、ぽっかりと晴天に恵まれた7月のある日。平日だったんですが、山の上の小さな天空カフェに、次から次へとお客さんがやってきて、びっくり。確かにロケーションも、空気も、山の緑も、鹿野への愛情が溢れているお料理もいい。リピーターさんが多いという話にも納得でした。そうそう、長野山ブレンドとかしわ餅もおいしかった!! かしわ餅は、天空カフェさんの工夫のたまもので、葉が餅からスッとむけて、口に入れると柔らかく、弾力があって、でも歯にくっつかない。甘さが控えめだからか、ランチを食べたあとなのに、ぺろっと完食しちゃいました(笑)。それにしても、高い山の上まで毎朝通って食事を作っておられる皆さんや、草を刈ったり、木を育てたり、道を整備したりして山を守っている皆さんに感謝。とっても気持ちよい時間を過ごせる場所、天空カフェ。営業期間は例年4月1日から11月30日まで。毎日営業ですが、悪天候などにより営業が困難な場合は臨時休業に。お天気の良い日に、すてきな景色と料理を楽しみにぜひどうぞ!!