トップページ > 2020年9月25日 食レポ!!やまぐち
食レポ!!やまぐち

下関市豊北地区編 海辺の小さなレストラン シーフレンズふたみ

山口県の各地域の新しい食、気になる食をレポート!! 第4回は下関市豊北(ほうほく)地区編です。豊北地区二見(ふたみ)では、地域の漁家女性の皆さんが4年前、二見漁港のすぐそば、国道191号沿いに「海辺の小さなレストラン シーフレンズふたみ」をオープン。大人気の観光地「角島(つのしま)大橋」が近いこともあり、今や地元はもちろん県外のおなじみさんも多い大人気店に。そんな「海辺の小さなレストラン シーフレンズふたみ」へ行ってきます!!
取材をするきらりんのイラスト
角島大橋の写真

ジーンとくるほどキレイな景色

海辺の小さなレストラン シーフレンズふたみ(外観)の写真

目の前は海!! 海の家っぽいのがいいね!

海辺の小さなレストラン シーフレンズふたみ。とっても人気があるようですね! 開店のいきさつを教えてください。
もともとは、ここで朝市としてヒラマサやタイ、アジなど地元産の活魚を販売していたんです。でも、「道の駅北浦街道ほうほく」がオープンし、活魚はそっちで販売することになって。そこで、ここでは「サザエめし」を作って、道の駅で販売するようになったんです。そうするとサザエめしが評判になり、ここへ直接買いに来る人が増えてきて。それならレストランをやってみようと、平成28(2016)年にオープンしたんです。
サザエめしの写真

お店の原点、大人気のサザエめし。テイクアウトできますよ!

ホワイトボードに書かれたメニューの写真

ホワイトボードに書かれたメニュー。右下に、謎の「天プラ」が…

お店を始めるに当たって、どんなメニューを考えられたんですか?
たくさん(笑)。サザエめしだけじゃもったいないねって、お店のみんながいろんなメニューを考えてくれました。もちろんお魚を使ったメニューもありますが、実はお肉もすごくおいしいんですよ。特に人気があるのは、山口県産の黒毛和牛など国産牛のお肉を使ったボリュームたっぷりのローストビーフ丼や、ステーキ丼。黒毛和牛のホホ肉をじっくり煮込んで作ったカレーも人気。食材はできる限り地産地消を心掛けているんですよ。
どれも食べたくなっちゃいます(笑)。「ふたみランチ」も大人気だそうですね。

はい。限定20食(日曜日のみ30食)で、すぐになくなる一番の人気メニューです。刺身に煮物、酢の物、フライ、みそ汁など。夏は、みそ汁の代わりにそうめん汁をお出ししています。なじみのお客さんは「品数が多く、バランスが良くてヘルシーなのがいいね」って言ってくださっているんですよ。
ふたみランチの写真

大人気のふたみランチ!!

アジのフライ、タラの南蛮漬けなどの写真

この日のランチはアジのフライ、タラの南蛮漬けなど

ホワイトボードに書かれた「二見まんじゅう天プラ」。すごく気になります。どんなものなんですか?
戦前からある地元のお菓子屋さんが作っているおまんじゅうを、天ぷらにしたものです。この辺りでは、昔から法事やお盆など、人が集まるときにそのおまんじゅうを天ぷらにして出してきたんですよ。
以前からの地域の食べ方?! それはココロひかれます!! ぜひ食べたいです。ローストビーフ丼も食べてみたいですが、きょうはやっぱり一番人気のふたみランチと、二見まんじゅう天プラをお願いします!!

(ふたみランチ、到着)お待たせしました。ごはん、お替わりできますよ!!
運ばれてきたふたみランチの写真

ふたみランチは限定20食。日曜日のみ30食

箸で刺身を持ち上げる様子の写真

海のまちでいただくお刺身は格別のおいしさ!!

ありがとうございます! まずは、そうめん汁から。冷たくて、ツルッとした喉ごしが残暑の季節にうれしい! タイの刺身は厚みがあってコリッコリ。かむほどにうま味が広がります。きょうの南蛮漬けはタラで、その上に野菜がたっぷり。優しい味の甘酢に漬けてあります。アジのフライはサックサク!! そしてこれは何のゼリー…? えっ、ぶどう?! ふたみランチは海のまちのおもてなしがたっぷり感じられて、とってもおいしいランチです!!

お待たせしました! 二見まんじゅう天プラです。どうぞ!!
二見まんじゅう天プラを運ぶスタッフの写真

お待ちかね、二見まんじゅう天プラです!!

二見まんじゅう天プラの写真

揚げたて、ふわっふわ!! お見事!!

一口サイズのおまんじゅうなんですね。さて、どんな味…。あっ、いい。いける、この食感、いけますね!! ふわっと軽くて、おいしい!! そして、初めてなのに、懐かしい味。これは確かにおすすめデザートです!!
県外からの常連さんの写真

県外からの常連さん。お店のあったかい雰囲気も魅力

シーフレンズふたみのスタッフの皆さんの写真

取材当日のスタッフの皆さん。お世話になりました!!


【取材を終えて…】

いやあ、楽しかった! おいしかった! 二見まんじゅう天プラは、毎週県外からバイクで通ってくるという常連さんにもおすそ分け。食べたことがなかったそうで「天ぷらにするのは、以前からの地元の食べ方だそうですよ」と伝えると「えっ、そうなの?」とパクリ。そして「あ、これ、あんドーナツみたいだ。あんドーナツよりもっと軽くて食べやすい」とニコニコ。それを聞いたスタッフの皆さん、「なるほど! そうだね!」。そんな会話や笑顔が弾む、ここはみんなの和みの場所。
ただし、土曜日・日曜日はものすごく混雑して、お話できる余裕はなく、お客さんの1時間待ちはザラ。順番が来るのを車の中や、海が見える外のベンチで待っていただくそうです。「長い時間待っていただくのに帰るときは笑顔。そしてまた食べに来てくださる。本当にありがたいです」と代表者さん。シーフレンズという名前が本当にぴったり!!と思った取材でした。あっ、テイクアウトのサザエめし。絶品でした!! もっと買えば良かったなあ…。