トップページ > 2020年12月25日 やまぐち住んで民?
やまぐち住んで民?

移住経験者に聞きました

移住された方に、移住のきっかけや、やまぐち暮らしの良さを語っていただくコーナーです。
今回は、周防大島町に移住された、Café de Costa Rica 店主 藤本純(ふじもと じゅん)さん・司(つかさ)さんご夫妻に、移住を決めた理由などについて伺いました。

―「せっかく移住するなら好きなことを仕事にしよう」と思って、創業したんです。―
周防大島町|藤本純さん・司さんご夫妻 前編

藤本純さん・司さんご夫妻の写真

周防大島町に移住しようと考え始めたきっかけはなんでしょう?

純さん) 僕は広島県出身なんですが、両親が周防大島町出身なんです。だから、小さい頃は祖父母に会いに、よく訪れていました。
結婚を機に静岡で暮らし始めたんですが、子どもが生まれて、久しぶりに周防大島町に行った時に、祖父母がすごく喜んでくれたんです。それがすごく印象的で。「こんなに喜んでくれるんだ」と思ったのと同時に、「あと何回、子どもたちに会わせられるんだろう?」と考えたのがきっかけです。僕が小さかった頃は、広島からちょくちょく行くことができたので、ひいおじいちゃんのことをうっすら覚えているんです。だけど、静岡からでは年に1回来れるかどうか。
子どもたちに「ひいおじいちゃん、ひいおばあちゃんのことを覚えていてほしい」という思いもあって、移住を考え始めました。

具体的に移住に向けて動き出したのはいつ頃からですか?

司さん) 夫から話があったのが、2017年の終わり頃だったと思います。私も何回か周防大島町に連れて行ってもらっていたので、「移住するのもいいな」と思っていました。
でも、子どもがまだ1歳になっていなかったし、移住先で仕事があるかも不安で。
純さん) それは僕の両親や祖父母も同意見で、最初はあまり賛成されなかったんです。「仕事がないだろう」と。
司さん) それで、心配になって役場に連絡したら、「やまぐち暮らしセミナーin東京」(2017.12.16開催)というイベントを紹介してもらったんです。そこで住まいの事情とか、働き口の情報とかを教えてもらいました。そこからだんだん具体的になっていったという感じです。
純さん) 僕はその当時会社勤めだったので、僕も僕で仕事を探さないといけなくて。でも「せっかく移住するなら好きなことを仕事にしよう」と思って、創業したんです。
司さん) 夫の趣味だったコーヒーが、いよいよ本格的になってきたのがちょうどその頃でした。「いっそ商売にしたらどうか」って、私から提案したんです。そこに移住の話が絡んできて、「自営業なら周防大島町でもできるんじゃないか?」という話になって。
純さん) 関係のなかった「移住」と「創業」の話が、そこでつながったんです。それからは、数カ月に1回ぐらい、周防大島町で家探しをしながら、お店を出す場所も当たって行きました。今のお店(チャレンジショップ)は、役場の人に教えてもらって申し込みました。
ところが、引っ越しの直前に大島大橋の衝突事故があったんです。引っ越しも開業も、予定が狂ってしまって。最初はかなりいろいろなことが起こりましたね……。でも、先輩移住者や役場の方に助けてもらいました。
司さん) 結局、夫が2018年の終わりに先に周防大島町に来て、私と子どもは次の年の春に追って引っ越してきたんです。
最初はもっと移住までに時間がかかると思っていたけれど、コーヒーをきっかけに、トントン拍子に進んでしまいました。
コーヒーを入れている様子の写真

後編では、移住先での暮らしなどについて伺います。(1月22日(金曜日)に配信予定)

※「山口県YY!ターン(UJIターン)・移住支援サイト住んでみぃね!ぶちええ山口」から転載しています。

藤本 純さんのプロフィール写真

藤本 純さん

ふじもと・じゅん/周防大島町在住 Café de Costa Rica

広島県出身。東京で妻と出会い、結婚を機に妻のふるさとである静岡県で暮らす。子どもと共に周防大島町の祖父母のもとを訪れたことをきっかけに、移住を考え始める。同じ頃、コーヒー焙煎で創業。2019年、周防大島町の「道の駅サザンセトとうわ」で、自家焙煎コーヒー豆専門店をオープン。