トップページ > 2021年1月22日 食レポ!! やまぐち
食レポ!! やまぐち

光市編 発信キッチン

山口県の各地域の新しい食、気になる食をレポート!! 第8回は光市編です。今回紹介するのは「光スポーツ公園」にある「発信キッチン」。公園内で長年空き店舗になっていたレストハウスの食堂を、地域の女性の皆さんがオシャレなカフェにリノベーション。オリジナルの焼き菓子「パコーン」などが人気を集めています。どんなカフェなのか、とっても楽しみ。それでは行ってきます!!
取材をするきらりんのイラスト
発信キッチン外観の写真

光スポーツ公園は、あじさい苑があることでも有名です

発信キッチンの看板の写真

発信キッチンというネーミングがいいですね!!

発信キッチン。オシャレなカフェですね! オープンのいきさつを教えてください。
長年休業状態だったこのレストハウスを偶然見つけ、「こんな景色がいい所にあるのにもったいない」と衝撃を受け、「ここを使って女性がゆっくりできる場所を作りたい」と思うようになったんです。また、その頃、地域で安心・安全な農産物の生産・加工に取り組んでいる会社が作る、おいしい甘酒と出合いました。その良さを多くの方に伝えたいと思い、子どもたちに安心・安全なものを食べさせたいという同じ思いのお母さんたちと、豆乳を加えた甘酒ドリンクをプロデュースしました。そのプロデュースで信頼を得て、レストハウスを借りることができ、発信キッチンをオープン…となったんです。
焼き菓子「パコーン」の写真

お店に入るとすぐに話題の焼き菓子「パコーン」がありました!

発信キッチン内観の写真

ガラスの向こうの風景が開放感たっぷり!! 春は桜に包まれます

「女性がゆっくりできる場所を作りたい」という思い。確かに今、このスペースは、開放感にあふれていて、ゆっくりしたい気持ちになります。ランチ、人気があるそうですね。どんなランチなんですか?
家族に食べさせたい家庭料理を、という思いで、季節感も大事に、地元野菜を使ったワンプレートランチを提供しています。一番人気があるのは、自家製の塩こうじに漬け込んだ長州どりをから揚げにした「塩こうじの鶏から揚げ」。キッシュ(※1)やサラダ、季節のお総菜も付いた彩り豊かなランチです。
「塩こうじの鶏から揚げ」の写真

一番人気のランチ「塩こうじの鶏から揚げ」

「塩こうじの鶏から揚げ」のキッシュの写真

彩りがキレイ。キッシュがとってもおいしそう!!

ランチだけでなく、オリジナルの焼き菓子「パコーン」が大人気だそうですね。どんなものなんですか?
“パンみたいにふんわり。スコーンみたいにさっくり”した焼き菓子です。ここにしかない何かを、しかも地域の女性の皆さんの声を聞いて作り出そうと、3年前に開発を始めました。ここは、すぐ前のグラウンドでスポーツをしたり、その応援に来たりする方の利用が多く、そうした方たちの声を聞くと、手軽でサッと食べられるパンみたいなもの、テイクアウトできるものが欲しいという声が多かったんです。そこで、「私たちがこれからパン職人になるのは難しいけど、スコーンなら作れるね」、と。でも、スコーンは時間が経つと、食べていて口の中の水分が奪われるような感じがする。そうじゃないものをと研究と試行錯誤を重ね、パコーンを完成させ、令和2(2020)年1月から本格的に販売を始めたんです。
原材料にはどのようなものを使っているんですか?
山口県産のおいしいものを使おうと考え、県産の牛乳・塩・きび砂糖を使っています。また、添加物はできるだけ使わないようにし、卵もアレルギーのお子さんのために使わないようにしました。
レモン味の「パコーン」の写真

これがうわさの焼き菓子パコーン!! 種類はレモン

パンみたいにふんわり。スコーンみたいにさっくりした「パコーン」の写真

パンみたいにふんわり。スコーンみたいにさっくり

パンみたいにふんわりということから、卵を使っているのかなと思ったんですが、不使用なんですか!?
はい。使っていないんです。でも、レシピは企業秘密(笑)。
何年も試行錯誤の末ですものね。納得です!! パコーンには、いろんな種類があるそうですね?
はい。まず“定番”として、甘じょっぱい「塩プレーン」、生地に宇治の抹茶を練り込んだ「抹茶ホワイトチョコ」、レモンピールを入れて上にアイシング(※2)をかけた「レモン」、茶葉やオレンジピールを入れた「紅茶オレンジ」など。“季節のフレーバー”としては、光産のサツマイモを使った「紅はるかとゴマ」や、「イチジククルミ」、「キャラメルナッツ」、「シュトーレン(※3)風」、「ほうじ茶小豆」など…。今、若いスタッフが次々と新しい味を作り出してくれていて。開発には3年もかかったんですけど(笑)。
いろんな味のパコーンの写真

いろんな味のパコーンがあります

シュトーレン風パコーンの写真

これはシュトーレン風。とってもおいしかった!!

新作がどんどん登場すると、お客さんは、次はどんな味があるのかなって楽しみが生まれて、いいですね!! お店で楽しむだけじゃなく、テイクアウトや通信販売も人気だそうですね。
はい、おかげさまで。地域のお母さんや農家さんなどに支えていただき、ここまでやってくることができました。地元の皆さんにもっと知っていただき、これからも来ていただける店を目指します。
発信キッチンのスタッフの皆さんの写真

皆さん、ぜひお越しください!!

テイクアウトしたおススメのパコーンの写真

おススメのパコーンをいろいろ選んでもらって持ち帰りました!!

【取材を終えて…】

ガラスの外には冬の木立。その向こうには穏やかな山並み。居心地がホントにいいカフェでした。「塩こうじの鶏から揚げ」はジューシーで、ほどよくスパイシー。キッシュはフワフワ卵の中にベーコンやピーマンなど。雑穀ご飯もおいしくて、一番人気に納得のおいしさでした。そして大人気のパコーン。いろいろ食べてみたくて、6種類、持ち帰りました。テイクアウトのパコーンは冷凍保存されていて、説明書通りに電子レンジとオーブンレンジを使ってホクホクに温めてから、いただきました。外はカリカリ。中はふんわり、しっとり。まさに“パンのようにふんわり、スコーンのようにさっくり”というお話通りでした。いろいろ食べて一番のお気に入りは、レモンと、シュトーレン風!! 一番と言いながら二つ挙げてスミマセン! レモンのパコーンは、口に入れるとすぐ爽やかなレモンピールの風味を感じ、それがふわふわサクッとした生地にぴったりのアクセントになっていて、アイシングの甘みとのコンビネーションもいい。シュトーレン風は、生地の中にゴロゴロ入ったナッツ類やドライフルーツのいろんな味と食感が楽しくて。シュトーレン風は定番ではないんですが、それだけに今後の新作がますます期待大。それにしても、新しいことを次々と生み出す、ナイスなファイトに満ちている発信キッチン。元気をいただきました!! 皆さんもぜひどうぞ!!
  1. パイ生地にベーコンや野菜などを入れ、生クリームなどを加えた卵液を注ぎ、焼いたもの。 本文※1へ戻る
  2. 砂糖や卵白などで作ったクリーム状のペースト。お菓子の表面に線状に絞り出したり、塗ったりして用いる。 本文※2へ戻る
  3. 生地にドライフルーツやナッツ類が練りこまれ、表面に砂糖をまぶしたドイツのパン菓子。 本文※3へ戻る