トップページ >2021年2月26日 おもしろ山口学
おもしろ山口学ロゴ
明治時代のお雛さまと「源氏枠飾り」の写真(萩市観光課提供)

明治時代のお雛さま。「萩城下の古き雛たち」の会場の一つ、浜崎地区「旧山村家住宅」(萩市観光課提供)。右の写真は、貴族の暮らしを模した御殿飾りで、屋根のない「源氏枠飾り」と呼ばれるもの

上巳と雛祭りと萩の「ほーこさん」

上巳(三月節句)の風習や、江戸時代から現代にいたる防長の雛祭り、萩の「ほーこさん」について紹介します。
3月3日は「雛(ひな)祭り」の日。この日は五節句(せっく)(※1)の一つ「上巳(じょうし)」、あるいは「三月節句」「桃の節句」ともいいます。旧暦の上巳を現在の太陽暦に換算すると早い年で3月下旬、遅い年で4月下旬。まさに春となります。
上巳とは、もともとは中国で3月の初めの巳(み)(※2)の日をいい、後に3月3日を指すようになりました。中国では古来、その日、水辺で身を清め、不祥(災難)を祓(はら)う習わしがありました。それが日本の朝廷にもたらされ、奈良時代には祓(はらえ)を行うだけでなく、曲水の宴(うたげ・えん)(※3)も行われるようになりました。
その上巳の祓には、日本の民俗信仰としてあった「ひとがた(人形)(※4)」が用いられました。ひとがたを自分の体にすりつけて汚れや災いを託し、息を吹きかけ、水辺に流すことで不祥を祓うというもの。現在も行われている「流し雛」のルーツです。
また、祓のひとがたとは別に、普段から貴族の幼女が可愛らしい人形「ひいな」で遊ぶことは古くからありました (※5)。やがて上巳の祓や、ひいな遊びなどが結合し、江戸時代には上巳の日に雛祭りとして「雛人形」を飾るようになります。現在見られる雛壇は、元禄年間ごろから、平安時代の宮廷の階層をまねて作られるようになりました。

江戸時代の防長の雛祭と、萩で受け継がれる「ほーこさん」

そもそも上巳などの五節句とは、季節の変わり目である節句の中でも、江戸時代、幕府によって特に祝い日として定められた五つの日(※6)のことでした。また、節句には、神にお供えをし、神と共に食事をすることで霊力を身に付けようとし、それぞれの日に特有の食べ物がありました。民間では、古くから上巳を女性と子どもの祝い日として草餅(※7)・桃酒(※8)などをいただき、子どもたちは磯や山で春の日を楽しみました。
江戸時代、萩藩が編さんした『防長風土注進案(※9)』には、久賀村(現在の周防大島町)の項で3月3日の行事が次のように記されています。「女子が生まれた家には紙雛を飾り、桃を立て、神酒・菱餅・御膳などをそなえ、余りがある家には近族を招き、軽い酒飯饗応を行い、招かれた者も紙雛や芝魚一樽など、分限相応の品を遣わし、初雛を祝う」。
河島庄(現在の萩市)の項では「上巳雛祭」として「よもぎ餅をつき、菱形に断ち、神や祖先に供える」「女子の初節供の家には親類や親しい付き合いの者が互いに雛をつくり、花等を送(贈)り、身分相応に酒宴をする」とあります。江戸時代の防長の村々では、現在の雛祭りに通じることが行われていました。
ところで萩では現在の太陽暦となってから、雛祭りを4月3日に行うようになり、雛人形と共に「ほーこさん」という人形を飾る風習があります。
人形で「ほうこ」というと、全国的には、布を縫い合わせた中に綿を入れ、這う子にかたどった「這子(ほうこ)人形」のことをいいます。もろもろの災いを負わせて厄除けにする幼児のお守りで、お雛さまの元となったもの一つとされます(※10)
しかし、萩のほーこさんは、それとは異なります。一見すると市松(いちまつ)人形(※11)ですが、購入する時には着物を身に付けていない市松人形のことを、萩では親しみを込め、ほーこさんと呼びます(※12)。そのほーこさんに、各家庭ではお祝いに贈られた産着などを着せたり、その家の人などが縫った着物を着せたりして雛祭りの際に飾り、あるいは女児に抱かせます。ほーこさんを贈るのは、女児に災いが及ばないよう願ってのこと。やはりひとがたや這子人形としての意味がうかがえます(※13)
祓のひとがたや、雛人形、ほーこさん。子どもたちがどうか無事に育ちますように…。そうした祈りが、上巳の風習を通して伝わってきます。
萩市内、昭和35(1960)年ごろの初節句の様子の写真(萩博物館提供)
萩市内、昭和35(1960)年ごろの初節句の様子の写真(萩博物館提供)

萩市内、昭和35(1960)年ごろの初節句の一コマ。お雛さまや「ほーこさん」などが盛大に飾られた前には、愛らしい「おべべ」を着たよちよち歩きの女の子(萩博物館提供)
Escキーで戻ります。

萩市内、昭和35(1960)年ごろの初節句の一コマ。お雛さまや「ほーこさん」などが盛大に飾られた前には、愛らしい「おべべ」を着たよちよち歩きの女の子(萩博物館提供)
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

平成5(1993)年撮影の萩市大島の初節句の様子の写真(萩博物館提供)
平成5(1993)年撮影の萩市大島の初節句の様子の写真(萩博物館提供)

萩市大島の初節句の様子。平成5(1993)年撮影。お雛さまのお披露目。初節句のお祝いに訪れた人たちに「お母さん」から「旗あめ」のお接待(萩博物館提供)
Escキーで戻ります。

萩市大島の初節句の様子。平成5(1993)年撮影。お雛さまのお披露目。初節句のお祝いに訪れた人たちに「お母さん」から「旗あめ」のお接待(萩博物館提供)
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

平成6(1994)年撮影の萩市大島の初節句の様子の写真(萩博物館提供)
平成6(1994)年撮影の萩市大島の初節句の様子の写真(萩博物館提供)

萩市大島の初節句の様子。平成6(1994)年撮影。右端にあるのが、旗あめ。旗あめとは、旗を付けた棒の先にさまざまな色の小さなあめ玉を付けたもの(萩博物館提供)
※Escキーで戻ります。

萩市大島の初節句の様子。平成6(1994)年撮影。右端にあるのが、旗あめ。旗あめとは、旗を付けた棒の先にさまざまな色の小さなあめ玉を付けたもの(萩博物館提供)
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

江戸時代のお雛さま(享保雛)の写真(萩市観光課提供)
江戸時代のお雛さま(享保雛)の写真(萩市観光課提供)

江戸時代のお雛さま(享保雛)。「萩城下の古き雛たち」の会場の一つ、菊屋横町の国指定重要文化財「菊屋家住宅」(萩市観光課提供)。享保雛とは、享保年間ごろ作られた7、8寸(約24センチメートル)から1尺5寸(約45センチメートル)ぐらいの大型の内裏雛
※Escキーで戻ります。

江戸時代のお雛さま(享保雛)。「萩城下の古き雛たち」の会場の一つ、菊屋横町の国指定重要文化財「菊屋家住宅」(萩市観光課提供)。享保雛とは、享保年間ごろ作られた7、8寸(約24センチメートル)から1尺5寸(約45センチメートル)ぐらいの大型の内裏雛
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

萩の「ほーこさん」とお雛さまの写真(萩市観光課提供)
萩の「ほーこさん」とお雛さまの写真(萩市観光課提供)

左端が萩の「ほーこさん」。「萩城下の古き雛たち」の会場「旧久保田家住宅」(萩市観光課提供)。ほーこさんには、各家庭で作った衣装や、贈られた着物・産着を着せて飾る
※Escキーで戻ります。

左端が萩の「ほーこさん」。「萩城下の古き雛たち」の会場「旧久保田家住宅」(萩市観光課提供)。ほーこさんには、各家庭で作った衣装や、贈られた着物・産着を着せて飾る
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

ずらりと並んだ萩の「ほーこさん」の写真(萩市観光課提供)
ずらりと並んだ萩の「ほーこさん」の写真(萩市観光課提供)

ずらりと並んだ萩の「ほーこさん」。「萩城下の古き雛たち」の会場「旧山村家住宅」(萩市観光課提供)。衣装も大きさもさまざま。ほーこさんの手足は動かすことができ、着物を着せやすい
※Escキーで戻ります。

ずらりと並んだ萩の「ほーこさん」。「萩城下の古き雛たち」の会場「旧山村家住宅」(萩市観光課提供)。衣装も大きさもさまざま。ほーこさんの手足は動かすことができ、着物を着せやすい
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

  1. 節句は季節ごとに定められていた祝い日。節供とも書く。本文※1へ戻る
  2. 巳は十二支の一つ。十干(じっかん)と十二支を組み合わせた六十干支が、旧暦の年・月・日に配当された。己巳(つちのとみ)を巳の日ともいう。本文※2へ戻る
  3. 流れに盃(さかずき)を浮かべて文人たちが詩を作る宴。本文※3へ戻る
  4. 形代(かたしろ)ともいう。本文※4へ戻る
  5. 『建内記(けんないき・けんだいき)』。室町時代の貴族、内大臣・万里小路時房(までのこうじ ときふさ)の日記。本文※5へ戻る
  6. 1月7日(人日。じんじつ)・3月3日・5月5日(端午)・7月7日(七夕。しちせき)・9月9日(重陽。ちょうよう)。これらの日は休日とされ、寺社に参詣するなどした。本文※6へ戻る
  7. ヨモギを用いた餅。古くはハハコグサを用いた。3月3日に食べると、邪気を払い、疫病にかからないとされた。本文※7へ戻る
  8. 桃の節句に飲む白酒。本文※8へ戻る
  9. 萩藩が天保12(1841)年以降、萩藩が藩内の各村に村名の由来や風俗・寺社・名所旧跡など、さまざまな情報を提出させたものからなる。刊本は全22巻。本文※9へ戻る
  10. 2本の竹で丁子形を作り、それに白い絹で作った丸い頭や衣装を着せた人形「天児(あまがつ)」も、幼児のお守りとして枕辺に置かれた。天児と、這子人形を男女一対の人形とする立ち雛形式が、雛人形の元となったという。『日本大百科全書』の「這子」の項による。本文※10へ戻る
  11. 木くずを、にかわで練り固め、胡粉(ごふん)で仕上げるなどして頭(かしら)や胴を作り、それに手足をつないだ人形。近年は異なる材料で作られているものが多く、また、小型化している。本文※11へ戻る
  12. ほーこさんには着物を着せやすいよう、その関節は布などで作られていた。その背丈は、乳幼児の産着や着物を着せることができるもの。なお、大きな人形は肌襦袢(はだじゅばん)のような下着などを身に付けた状態で販売されていた。 本文※12へ戻る
  13. 近年、全国各地の人形作りの工房が減り、また、市松人形の小型化なども進み、新たなほーこさんを入手することは非常に困難になっている。本文※13へ戻る

萩城下の古き雛たち

江戸時代から現在まで大切に受け継がれてきたお雛さま約1200体を、旧久保田家住宅や口羽家住宅、旧山中家住宅など市内各地の文化財施設などで、萩の雛祭りの日である4月3日まで展示。ほーこさんも数多く展示。最終日には、藍場川で流し雛が行われます。
開催期間:4月3日(土曜日)まで
場所:市内各地の文化財施設など

参考文献